診療時間

084-983-1844

診療時間 / 9:00~14:00 15:30~18:00
休診日 /木曜・日曜・祝日

歯の豆知識Knowledge

歯の豆知識

2020.12.27

親知らずが生えてきた!?

こんにちは はやし歯科クリニック 歯科衛生士の猪原です。

今日は親知らずについて説明していきます。

親知らずというと、腫れて痛みが出たことのある方もいらっしゃると思います。

そもそも親知らずとは何か?みんな生えているものなのか?痛くなるのか?抜いた方がいいのか?

1つずつ説明していきます。

まずは、親知らずとは?

 

 

 

 

前から数えて8番目に生える歯を親知らずと言います。

「智歯」とも呼ばれます。

18歳から23歳くらいの間に生えてくることが多いですが、中には30歳を越えてから生えてくる方もおられます。

必ず生えるわけではなく、骨の中に埋まって一生生えてこない人や、元々親知らずがない方もおられます。

また、まっすぐに生えてくる方もおられますが、最近では横向きに生えてきたり、半分しか生えない事も多いです。

 

 

 

 

親知らずは、歯ブラシがあたりづらい場所であったり、横向きに生えていて汚れが溜まりやすい為、むし歯になりやすいです。

また、歯茎が腫れて痛みも出やすいです。

親知らずなら抜いた方がいいのかな?と疑問に思われる方多いですが、必ずしも抜かないといけないわけではありません。

抜いた方がいい場合

・むし歯がひどい場合

・繰り返し歯茎が腫れる場合

・生え方などにより歯ブラシが届きにくい場合

→むし歯、歯茎の腫れなど起こしやすくい為

→治療困難、または治療してもむし歯が再発しやすい為

→手前の歯がむし歯にならないようにする為

このように、実際にむし歯や歯茎の腫れなど異常がある場合、また、長期的に見て予後が悪くなりそうな場合は抜歯をした方がいいです。

逆に、まっすぐ生えていて、むし歯もなくきちんと清掃できていて、特に問題のない場合は、抜かなくても良いと考えます。

ただし、前者に当てはまる方の方が多いので、抜歯をされる方は多いです。

「親知らずがあるのか知りたい!」という方はぜひ歯医者さんで検診を受けてみてくださいね!

歯磨きが難しい場所ですので、磨き方のポイントなどしっかり歯科衛生士さんに教えてもらいましょう^^♪

今日は親知らずの疑問についてでした。

2020.12.20

むし歯ってなんでできるの??

こんにちは☆はやし歯科クリニック 歯科衛生士猪原です。

はやし歯科クリニックは横尾駅より徒歩5分です。

 

むし歯になりやすい人、なりにくい人がいること不思議に思われたことはありませんか?

今日はなぜむし歯になるのかについてお話していきますね。

 

 

 

 

 

こちらは、カイスの3つ輪+時間の4つの輪と言って、むし歯の原因を表しています。

「歯の硬さや唾液の量や質」

「むし歯菌の量や強さ」

「むし歯菌の餌となる糖質」

「お口の中が酸に晒されている時間」

この4つが重なると歯が溶けてむし歯になります。

どういうことなのか?それでは1つ1つ見ていきましょう。

 

まず「歯の硬さや唾液の量や質」についてです。

1人1人歯の硬さは違っており、柔らかい人ほどむし歯になりやすいです。

唾液の量や質ですが、唾液には色々な作用がありますが、その中でも自浄作用(食べ物を洗い流す作用)、再石灰化作用(溶けかけた歯にリンやカルシウムなどを取り込む作用)、緩衝作用(PHを中性に戻そうとする作用)はむし歯予防にとても関係しています。

ですので、唾液の量が少ない方は、むし歯になりやすいと言われています。

食べ物をよく噛むことで唾液の分泌量は増えます。

口呼吸の方では、お口の中が乾燥してしまうため、むし歯になりやすいです。

歯磨きやお菓子など気をつけていてもむし歯になりやすい人は、この「歯の硬さや唾液の量や質」が関係している可能性があります。

 

次に「むし歯菌の量や強さ」についてです。

代表的なむし歯菌は「ストレプトコッカス・ミュータンス」と言われている細菌です。

むし歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在しておらず、主に子供の頃にお母さんやお父さん、家族の方からスプーンの共有などで感染します。

ですので、家族の方がむし歯だらけだと、その菌は大切なお子さんに移ってしまいます。

むし歯菌は、主に「プラーク」と言われる歯に付いている汚れ、いわゆる磨き残しの中に含まれています。

むし歯予防は家族で取り組むのが大切です。

 

次に「むし歯菌の餌となる糖質」についてです。

主に砂糖(ショ糖)、乳糖(ラクトース)、果糖(フルクトース)を餌にミュータンス連鎖球菌などの虫歯菌は不溶性グリカンというものを作り出します。

不溶性グリカンはネバネバしていて歯の表面に細菌がくっつきやすい状態を作ります。更にミュータンス連鎖球菌の作り出す酸によって歯が溶けていきますが、プラークがあることにより唾液などの作用も歯に届かない状態になり、長い間歯が酸性に晒され、むし歯が進行します。

ちなみに、キシリトールなどの糖アルコールやアスパルテームなどの代用甘味料ではむし歯菌による酸の産生が起こらない為、むし歯になりにくいとされています。

 

最後に「お口の中が酸に晒されている時間」についてです。

お口の中が酸性になる時間が長い程、むし歯になりやすいと言われています。

次の図のステファンカーブというもので示されます。

 

 

 

 

歯は通常中性ですが、食事やおやつを食べるとお口の中が酸性になります。

この時PHが5,5以下になると歯が溶け出します。

(PH5,5の時のことを臨界PH、歯が溶けることを脱灰と言います。)

お口の中が酸性になってもその後唾液の作用で緩やかに中性に戻ります。

歯磨きをすると早く中性に戻すことができます。

ですがダラダラ食いをしていると、お口の中が常に酸性の状態になり、歯が溶け始め、むし歯になります。

ですので、おやつは食べているものや量だけでなく、食べ方によってもむし歯になりやすくなる為注意が必要です。

また、おやつだけでなく飲み物にも注意が必要です。

コーラ500ml中には約15個分もの角砂糖が含まれておりPHも2,2と強酸性です。

1日1回時間を決めて食べ、食べた後には歯磨きをしましょう!!