診療時間

084-983-1844

診療時間 / 9:00~14:00 15:30~18:00
休診日 /木曜・日曜・祝日

歯の豆知識Knowledge

歯の豆知識

2016.07.07

犬歯

今回は☆犬歯☆についてです。

 

スクリーンショット 2016-07-07 16.34.07

 

犬歯とは、前から数えて3番目の歯で”糸切り歯”とも言われます。

上下左右1本ずつ、計4本あります。

八重歯になったり、尖っていたり、する減っていたり

といろいろなトラブルがある歯でもありますが

実はとても重要な役割をする歯でもあります!

犬歯は、約10歳頃に生えてくる永久歯です。

八重歯になりやすいのは、周りの歯(側切歯、第一小臼歯)よりも遅く生えてきますので

顎が小さかったり、歯が大きくてスペースがない場合

唇側から生えてきて八重歯になってしまう事があります。

また、矯正などをする場合4番目の歯(第一小臼歯)を抜歯する事がありますが

なぜ、犬歯を抜かないかというと、見た目が尖っていて可愛いから…

という理由ではなく、犬歯が重要な役割をする歯だからです。

犬歯の役割

◯ギリギリした時に最初にあたる歯で、奥歯や前歯を守っている。

犬歯は歯の中で1番長い根っこを持っていて、割と最後まで残る歯でもあります。

ギリギリした時には犬歯であたるようになっていて、歯ぎしりなどから

他の歯を守る役割を持っています。

しかし、歯ぎしりをするたびに歯がちびていき奥歯でもあたるように

なってきます。

そうすると、虫歯や歯周病でもないのに歯が痛くなったり

知覚過敏、頭痛…と様々な不調が出てきます

犬歯は周りの歯を守る役割を持っているのです!

お口の事をもっと知って、歯を大切にしましょうね^◯^