診療時間

084-983-1844

診療時間 / 9:00~14:00 15:30~18:00
休診日 /木曜・日曜・祝日

院長ブログBlog

院長ブログ

2020.03.08

【インプラントGBRセミナー参加 in大阪】

【インプラントGBRセミナー参加 in大阪】

皆さんこんにちは.

広島県福山市で開業しています,はやし歯科クリニックの林です.

先週の祝日のお休みを利用して大阪にインプラントのGBRセミナーに参加してきました.

歯科医師にとってはインプラント治療を行う上でGBRという手技は必須です.

私自身もインプラント治療を行う際に,8割以上の症例においてGBRを併用しています.

そこで今回のブログは,以下の項目で書きたいと思います.

1.当院のホームページのブログやSNSを閲覧して下さっている患者様に向けてGBRとはどんな手技なのか.

2.私自身の復習の意味でもセミナーで学んだことや気付き.

 

まずGBRというのは,Guided Bone Regenerationという英語の頭文字の略です.

インプラントを埋め込みたい骨の部分に必要なだけの骨が足りない場合に骨を作りインプラントを理想的なポジションで埋め込みたい時に併用する手技のことです.

簡単に言うと,骨がない場合に骨を作る.

インプラントは骨がないとできませんからね.

下の写真を比較して見て下さい.

 

左の写真の丸い穴はインプラントを埋め込むための穴を作っています.

その丸い穴の下の方が凹んでいるのがわかりますか?

左の写真は一見骨があるように見えますが,下の方に行くと段々と骨の厚みが薄くなっています.ですのでインプラントを埋め込んだ外側の骨に十分な厚みを持たせるためにGBRを行い骨を作った写真が右側の写真です.

外側に約4mmぐらい作り約4ヶ月です.

歯周病や根の病気などで抜歯になった場合に,骨が溶けてなくなっていることが多くあります.

そんな中でインプラント治療が難しい場合もありますが,GBRと言う骨を作ることによってインプラント治療が

可能になり,またそのインプラントを長持ちさせるために必要なテクニックなのです.

今回のGBRセミナーを参加しようと思ったきっかけは,小さくてもいいので何か発見がないかそんな思いで参加しました.

というのもGBRに関連したインプラント関係のセミナーは数多く参加しています.

教えて下さる講師の先生方の考え方によって,同じGBRでも多少手技が違ってきます.

でも毎回必ず何か発見があり明日からのインプラントオペにとても参考になります.

ですのでお休の日は積極的に学会や勉強会に参加しています.

今回のセミナーでもやはり基本が大事ということを再認識.

GBRの成功の条件として“PASSの原則”

(P) Primary  wound coversge

(A) Angiogenesis

(S) Space creation/maintenance

(S) Stability of wound and implants

 

遅延型吸収性コラーゲン膜の使用による広範囲の骨造成.

遅延型吸収性コラーゲン膜は生体内で6ヶ月以上吸収せずバリア機能が高く,クロスリンク構造を持ち,高い生体親和性を有し,創傷治癒の安定性にも優れている.

私は広範囲の骨造成においては,非吸収性メンブレンを使用することも多く,垂直的水平的にも5mm以上増大する場合に多く使用してきました.

非吸収性メンブレンは高いバリア機能を持ち,スペースメイキングが容易であるという利点はありますが,欠点として歯肉裂開による膜の露出や膜除去の必要性もあります.

これらの処置を得意とする歯科医師であっても非吸収性メンブレンは15%ぐらいの割合で膜の露出があるとの報告もあります.

一度膜が露出すると期待するだけの骨造成ができない場合があります.

そんな中で遅延型吸収性コラーゲン膜を使用し仮に裂開し膜が露出することがあっても.術後治癒における骨造成量は裂開がない場合とほぼ変わらず90%以上と高いデータがあり,早期に膜が露出しても創傷治癒をサポートする可能性があることは大変GBRにとって有利であると思いました.

 

その他にも吸収性膜を安定させスペースを維持するための工夫.

そして角化歯肉を喪失させない縫合テクニックなど大いに勉強になりました.

 

今後の診療に応用できるように頑張ります.

そして技術ももちろん大事ですが,インプラントを希望される患者様がより安心感を持って頂けるような説明を,そして安全な治療をこれからも努めていきます.

2020.02.17

正しい知識で院内感染対策をして患者様やスタッフを守ろう.

福山市 はやし歯科クリニック 院長の林です.

今テレビや新聞では新型コロナウイルスの話題で持ちきりですよね.

今回の院長ブログはそんな感染症について日曜日に大阪に勉強に行って来たので皆様にご報告させて頂きます.

感染症については医療従事者である私達は大学での講義や研修医,あるいは卒業してもどこかで必ず勉強はしています.

しかし実際の臨床の場では,その半分ももしかしたら守られていない可能性があります.

この読売新聞の記事では,虫歯などを削る時に使う機器の7割が使い回しという記事でした.

この新聞を読んだ患者様も当然驚かれたと思います.

逆に私達歯科医師にとっては現実的にそこまで強く反論ができないのも事実だったと思います.

歯を削る機器は1本5万から20万円ぐらいで売られています.

1日の来院人数が少ない歯科医院であれば数本持っていれば大丈夫でしょうが,患者様が多い歯科医院では,多くの本数を購入する必要があります.

ただし,実際にはその本数を確保したりあるいは,滅菌する機器を購入して万全な体制を整備している歯科医院は少ないのではないでしょうか?

なぜしっかりやらないのか?

患者様からするときちんと感染対策をするのは当たり前ではないかと思うと思いますが,

実際はしっかりやらなくても目に見える問題が起こっていないのでなんとかなってしまっているんだと思います.

当然ながら当院では,そのような歯を削る機器やそれ以外の器具に関しても専任のスタッフがしっかり管理をしてくれています.

そしてもちろん設備にも投資をしています.

医療廃棄物を引き取ってくれる業者の方がある時こう言っていました.

「先生の歯科医院では医療廃棄物の量がとても多いです.他の歯科医院の何倍もあります」と

ただ単にゴミの量が多いと思われるかもしれませんが,当院にとっては全然普通で,グローブを患者様ごとに変える.

唾液や血液がついた感染性のあるものはきちんと医療廃棄物として分別しているだけです.

ではなぜそんなに違うのか?

おそらく医療廃棄物として回収してもらうと一般ごみと比較して費用がとてもかかるんです.

結局,コストを抑えるために感染性のあるのものを一般的なものと区別をせず廃棄しているのではないか.

結局のところ,こう言った感染対策に関しては医療人である前に人としてのモラルが問題でないでしょうか?

 

今回受講した研修会では以下の項目を勉強しました.

1.ウィルス,最近、真菌の違い

2.ウィルスの増殖について

3.感染と感染症の違い 感染の成立 感染経路

4.ウインドーピリオドとユニバーサルプレコーション

5.スタンダードプレコーション

6.診療器具の感染管理カテゴリー分類について

7.ゾーニングとラッピング

などなど,正直,大学時代の講義のようでしたが,こう言った内容を勉強することはいつもではないからこそ,

現時点で当院がもっとこうした方がいいなと思えるヒントをもらえる場なのでとても勉強になりました.

今回の勉強を通して最低限やるべきこと

・ユニバーサルプリコーションの徹底

・手袋は万能ではない(ピンホール) 手洗いの励行

・感染性のあるものを触った手であちこち触らない

・ラッピングの活用

・ゾーニングを守る(感染区域と非感染区域)

・スタッフ全員の意識の統一

これらは最低限意識すべきことであり,当院に来て下さる患者様が不安にならないようにしっかり院内感染対策を今後もしっかりと

充実させていくと共に,感染症から患者様,スタッフをしっかり守れる歯科医院でありたいと思います.

 

 

 

 

2014.11.08

より精密な丁寧な治療を心がけて

福山市 はやし歯科クリニック

院長の林です。

今回のこだわりブログのテーマは“より精密な丁寧な治療を心がけて”

というテーマで“拡大鏡”についてお話させて頂きたいと思います。

皆さん歯科治療のこと考えたことがありますか?

歯科治療ってすごく細かい作業なんですよ。

歯科医師が担当する虫歯治療や根の治療、入れ歯の作製や、歯科衛生士が担当する歯周病治療どれでも

そうですけど、1つの治療が無事に終わる為の工程はいくつにも分かれているんです。

その1つ1つどの工程であっても、いい加減にしてしまうと良い結果が生まれません。

後にすぐに虫歯になったり、かぶせものが取れたりすることもあります。

皆さん裸眼ではどのくらいまで見えると思いますか?

人の肉眼で見ることができる視野の限界は0.2~0.3ミリ程度と言われています。

歯科の治療は30/1000ミリ以下の噛み合わせの調整にはじまり、ミクロン単位での精密な治療が要求されます。

それを可能にしてくれるのが“拡大鏡”というわけです。

拡大鏡

裸眼とは別世界とまで言えるほど、治療する歯がより細かく見えるんです。

拡大鏡のレンズには2倍2.5倍3倍また8倍10倍と倍率によって見え方が違うので症例によって

使い分けが必要な時もあります。

拡大鏡見え方

 

拡大鏡を用いて治療することを“拡大治療”と言います。

以下は拡大治療のメリットです。

【拡大治療のメリット】

・歯を削る量を最小限に抑え、歯の健康な部分を最大限に残すことが可能。

・正確かつ確実な治療が可能。

・ごく小さなむし歯や歯石を取り残すことがない。

・初期のむし歯を見落とすことがなく、早期発見早期治療につながる。

・かぶせ物や詰め物の精度を向上させる。

・  必要最小限の治療ですみ、無痛的な治療が可能。

拡大鏡を身に付ける事で、肉眼では見えにくい限界を超えた視野で治療を行うことができ、

むし歯の治療も可能な限り健康な歯質を削らずに必要な部分だけを精密に削ることができます。

詰め物やかぶせものと歯の間に生じたわずかなすき間や、小さなむし歯も見つけることができます。

最近多いのは、噛みしめや歯ぎしりから歯に微小な亀裂や破折線なども見える事があります。

また、入れ歯やかぶせ物などの治療をした場合、より精度の高い調整が行え、快適な噛み心地を患者様に

ご提供することができ、クリーニングの際にも細かな汚れや歯石を残すことなく取り除くことができます。

拡大鏡を使って口の中をよく見ることは、患者様の歯を「しっかり丁寧に治す」「生涯歯を守っていく」こと

に常に全力で取り組んでいる証(あかし)でもあると思います。

すべては患者様のためにより丁寧な長持ちする治療を心がけこれかもこだわりを持ち治療して行きたいと思います。

 

2014.09.14

痛くない安心歯科治療(M.I理論編)

今回のこだわりのテーマは、虫歯治療の“こだわり”です。

虫歯の治療の際には、“虫歯菌を取り残さない”これは前回のこだわりにも紹介したように齲蝕検知液という材料を

使用することでより取り残しを防ぐことが出来ますとお伝えしました。

そして、今回は虫歯を削る時のもう一つの“こだわり”

“健全歯質を出来る限り削らない、そして健全歯質を極力残す”

というこだわり。少し難しいかもしれませんが説明していきますね。

これまでの虫歯治療の考え方はdrill and fill(切削と充填)とよばれ、虫歯の可能性のある歯質はすべて削ることを前提とし、

詰め物やかぶせ物などの修復物をいかに脱落させず長持ちさせるかが大事なポイントでした。

ですから、虫歯を確実に削り、そして修復物が外れないように、健全な歯質も削るのが当然とされてきました。

しかし、健全歯質を削ることは、かえって歯の脆弱化(歯がもろく、弱くなる)になり、1度治療した歯が再度虫歯になれば

歯質の大量破壊につながる。従来のdrill and fillに基づいたう蝕治療が歯の寿命を縮めてきたのではないかと言われています。

今でも修復物が外れないようにという考えは基本的にはあります。

現在の考え方としてM.I理論【ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)】の略で、“最小限の侵襲による齲蝕治療”という意味です。

歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑え、本当に悪くなったところだけを削除して修復する治療法のことです。

%E5%86%99%E7%9C%9F-23

【上記写真は言葉の通り虫歯をピンポイントで削れるドリル】

はやし歯科クリニックでも、虫歯治療の際には従来の歯を削る道具より上の写真のような“より細くて小さな道具”を使用して虫歯のみを取り除き、健全な歯質だけを残す最大限の努力をしています。

%E5%86%99%E7%9C%9F-22

【写真左:MIダイヤ:より細くて小さなドリル】【写真右:従来】

上の写真の違いがわかりますか??

虫歯を削りたい、でも従来通りのドリルでは健康な歯まで削ってしまう可能性があります。

%E5%86%99%E7%9C%9F-21

【実際の症例写真です】

今回のこだわりは“出来る限り健康な歯を削らない”というテーマでした。

一番大事なことは、治療に従事する歯科医師の“歯を削りたくない、歯を残したい”という気持ちが大事だと思います。

私自身も今後さらに努力していきたいと思います。

2014.08.20

お子様のレントゲン撮影時の工夫について

こんばんは

福山市 はやし歯科クリニック 歯科衛生士 矢野です。

 

 

こだわりブログ第2回目です。

今日のこだわりテーマは、こちらです。

 

 

「お子様のレントゲン撮影時の工夫について」

 

 

皆様レントゲン写真を撮られたことはありますか?

歯科医院だけでなくて病院などでも撮られた方もいらっしゃると思います。

私も歯以外では健康診断で首や背中など撮影したことがあります。

 

歯科医院ではこのようなレントゲン写真を取られた方もいらっしゃると思います。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

↑この写真は

「パノラマ」と言います。

 

 

はやし歯科クリニックに来られた患者様は初診時にレントゲン撮影をさせて頂きます。

お子様も大人の方も、みなさん撮影させていただきます。

 

理由としましては……

•歯の数を数えたり

•歯の形態

•虫歯

•歯周病

•今までの虫歯治療した所が二次的に再び虫歯になっていないか

•骨

•顎

•関節

•鼻

•親しらず

などを見たりする為にレントゲンを撮影します。

 

それを元に、虫歯の検査、歯周病検査を行い治療計画を患者様と一緒に考えていきます。

 

 

それでは本題です。

 

お子様にレントゲンを撮らさせてもらう時にレントゲン室に入るなり緊張したり不安になるお子様もいます。

個室だし、機械もあるしいつもと違う雰囲気だけに、

「何をされるのだろう…怖いかな、痛いかな」

不安になる気持ちも分からないでもないですよね。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

お子様1人だったり、スタッフも付き添うこともありますが

ご家族の方と一瞬離れるだけで不安になるお子様もいらっしゃいますので、

当院としましてはお子様を不安にさせないため、

また怖くないようにするためにレントゲン撮影時にはこちらを使います。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

この中から可愛いキャラクターをお子様に選んでもらいます。

 

そしてレントゲンを撮影する銀色の筒(コーン)という物の中に入れてもらいます。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

入れるとこのような感じです。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

そして、お口の中にフィルムを入れます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

この状態でレントゲン撮影を行います。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

↓院長がレントゲンのボタンを押している所です。

ちなみに、このボタンはスタッフは押せません。

歯科医師でないと押して撮影することは出来ないです。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

撮影後はこのような感じで映ります。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

キャラクターをいれなくてもレントゲンを撮影することが可能ですが、

少しでも怖くないようにするために、また自分で選ぶ楽しさもありつつの取り組みです。

 

 

これからも種類を増やしていく予定です。

 

 

大人の方でも歯医者が苦手という方が多くいらっしゃいます。

みなさんはいかがですか?

「小さい頃に治療する時に、怖い思いをしたんよ。」

という患者様が多く、そこから苦手になり歯科医院から遠ざかる方が多いです。

そのことで虫歯や歯周病は進行して痛みが出て、ようやく歯科医院を受診…

その頃では手遅れで歯を失う可能性もでてくるかもしれません。

 

 

 

そのようなトラウマにより歯医者嫌いにならないように

はやし歯科ではお子様のペースにあわせ、ご家族の話し合いのもと治療を進めています。

 

 

 

ご自分の歯を小さい時から大切にして

一生、自分の歯で美味しい食事が出来たり楽しい会話ができるように

皆様と関わっていきたいです。

これからもいろいろな取り組みをしていく予定なので、

診療中、またこだわりブログをよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014.08.07

こだわり

福山市 はやし歯科クリニック

院長の林です。

今日から“こだわりブログ”というのを始めていきたいと思います。

月に1、2回程度の頻度で更新していく予定です。

ブログの内容は、はやし歯科クリニックでのこだわりをお伝えして行きたいと思います。

普段の診療で当たり前のように使用している器具や材料、また医療機器。

診療以外のこだわりなどもお伝え出来ればなと思います。

出来る限り来院されている患者様の安心と安全また丁寧な治療を心がけていますので

そのこだわりをお伝えしていくつもりです。

これから“こだわりブログ”を宜しくお願いします。

 

さて、記念すべき第1回目のブログ内容はやはり“むし歯治療”についてです。

皆さん少なくとも人生で1回ぐらいは、むし歯治療を受けたことがありますよね?

今日は、むし歯治療の中でも、むし歯菌を取り残さないために工夫していることを

お伝えしたいと思います。

皆さん、むし歯治療の時にむし歯菌を残さずちゃんと取り除いてもらっていますか?

はやし歯科クリニックでは、むし歯治療の際には、出来る限り健康な歯質を削らず残し、

またむし歯菌を必ず全て取り除くことを徹底しています。

えっ!?そんなの当たり前じゃないの!?

と思われると思いますが、その当たり前のことが当たり前に出来ていない現状が

少なからずあるみたいです。

はやし歯科クリニックでは、むし歯菌を完全に取り除く為のこだわりがいくつかあります。

ここではその治療のこだわりの1つを御紹介させて頂きます。

むし歯治療の際には必ず「カリエスチェック」という材料を使用しています。

皆さんご存知ですか??

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し難しく説明すると、この「カリエスチェック」という材料は染色液なんですが、

この液が齲蝕象牙質の感染層のみ(齲蝕象牙質第1層)に浸透し染色します。

その染色され部分を削除することにより自動的に細菌感染がなく再石灰化可能な

齲蝕象牙質第2層を残す事ができます。

専門用語で説明すると難しくなりますね。

簡単にすると、取り除かないといけないむし歯菌のみを赤く染めてくれるという優れものなんで

す。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真の黒く見えている部分がむし歯です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は“カリエスチェック”という材料でむし歯菌を染めた写真です。

むし歯菌を取り除いては、赤く染める。染まらなくなるまで、これを何度も繰り返します。

もちろんむし歯菌を取り除く際には、実際にその臨床感覚•手応え(硬さ)を基準に取り除いて

いくものですが、この液を使用して慎重にむし歯菌を取り除く事で、むし歯菌の取り残しや、

必要以上に削らなくてすむように手助けをしてくれます。

そんな優れものの材料に関しても、歯科医師側では賛否両論意見はあると思いますが、

液が手や色々なところに赤く付いて嫌だとか、めんどくさい、良いとわかっていても使用する

習慣がないという理由があるみたいです。

はやし歯科クリニックではむし歯治療の際には必ず使用しますし、特にむし歯が大きい場合には

実際にこの液を使用するところを患者様自身の目で確認してもらうこともあります。

患者様としては、むし歯治療の実際はわからないものですよね。

癌の手術をする際に、癌を少しだけ取り残してしまった。絶対嫌ですよね。

例えが大きいかもしれませんが、むし歯治療も同じ事だと思います。

むし歯菌を残してしまえば、せっかく詰めたり、かぶせものをしてもまたむし歯になってしまう

可能性があります。

ですから、はやし歯科クリニックではむし歯治療の際には「カリエスチェック」という材料を

使用することは当たり前のことでもあり、むし歯菌を絶対に残さないという治療に対する

こだわりです。

今後も、むし歯治療についても1歯1歯丁寧な治療を心がけたいと思います。

はやし歯科クリニック

院長 林 順二