診療時間

084-983-1844

診療時間 / 9:00~14:00 15:30~18:00
休診日 /木曜・日曜・祝日

こだわりブログBlog

こだわりブログ

2014.08.07

こだわり

福山市 はやし歯科クリニック

院長の林です。

今日から“こだわりブログ”というのを始めていきたいと思います。

月に1、2回程度の頻度で更新していく予定です。

ブログの内容は、はやし歯科クリニックでのこだわりをお伝えして行きたいと思います。

普段の診療で当たり前のように使用している器具や材料、また医療機器。

診療以外のこだわりなどもお伝え出来ればなと思います。

出来る限り来院されている患者様の安心と安全また丁寧な治療を心がけていますので

そのこだわりをお伝えしていくつもりです。

これから“こだわりブログ”を宜しくお願いします。

 

さて、記念すべき第1回目のブログ内容はやはり“むし歯治療”についてです。

皆さん少なくとも人生で1回ぐらいは、むし歯治療を受けたことがありますよね?

今日は、むし歯治療の中でも、むし歯菌を取り残さないために工夫していることを

お伝えしたいと思います。

皆さん、むし歯治療の時にむし歯菌を残さずちゃんと取り除いてもらっていますか?

はやし歯科クリニックでは、むし歯治療の際には、出来る限り健康な歯質を削らず残し、

またむし歯菌を必ず全て取り除くことを徹底しています。

えっ!?そんなの当たり前じゃないの!?

と思われると思いますが、その当たり前のことが当たり前に出来ていない現状が

少なからずあるみたいです。

はやし歯科クリニックでは、むし歯菌を完全に取り除く為のこだわりがいくつかあります。

ここではその治療のこだわりの1つを御紹介させて頂きます。

むし歯治療の際には必ず「カリエスチェック」という材料を使用しています。

皆さんご存知ですか??

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し難しく説明すると、この「カリエスチェック」という材料は染色液なんですが、

この液が齲蝕象牙質の感染層のみ(齲蝕象牙質第1層)に浸透し染色します。

その染色され部分を削除することにより自動的に細菌感染がなく再石灰化可能な

齲蝕象牙質第2層を残す事ができます。

専門用語で説明すると難しくなりますね。

簡単にすると、取り除かないといけないむし歯菌のみを赤く染めてくれるという優れものなんで

す。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真の黒く見えている部分がむし歯です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は“カリエスチェック”という材料でむし歯菌を染めた写真です。

むし歯菌を取り除いては、赤く染める。染まらなくなるまで、これを何度も繰り返します。

もちろんむし歯菌を取り除く際には、実際にその臨床感覚•手応え(硬さ)を基準に取り除いて

いくものですが、この液を使用して慎重にむし歯菌を取り除く事で、むし歯菌の取り残しや、

必要以上に削らなくてすむように手助けをしてくれます。

そんな優れものの材料に関しても、歯科医師側では賛否両論意見はあると思いますが、

液が手や色々なところに赤く付いて嫌だとか、めんどくさい、良いとわかっていても使用する

習慣がないという理由があるみたいです。

はやし歯科クリニックではむし歯治療の際には必ず使用しますし、特にむし歯が大きい場合には

実際にこの液を使用するところを患者様自身の目で確認してもらうこともあります。

患者様としては、むし歯治療の実際はわからないものですよね。

癌の手術をする際に、癌を少しだけ取り残してしまった。絶対嫌ですよね。

例えが大きいかもしれませんが、むし歯治療も同じ事だと思います。

むし歯菌を残してしまえば、せっかく詰めたり、かぶせものをしてもまたむし歯になってしまう

可能性があります。

ですから、はやし歯科クリニックではむし歯治療の際には「カリエスチェック」という材料を

使用することは当たり前のことでもあり、むし歯菌を絶対に残さないという治療に対する

こだわりです。

今後も、むし歯治療についても1歯1歯丁寧な治療を心がけたいと思います。

はやし歯科クリニック

院長 林 順二