診療時間 アクセス

084-983-1844

診療時間 / 9:00~14:00 15:30~18:00
休診日 /木曜・日曜・祝日

小児矯正
・MRC矯正Orthodontic

Instagram

「うちの子供の歯の生え方は大丈夫かしら?」
「子供にあった矯正方法を教えてもらいたいのですが?」
「矯正って高くて長いイメージがあるけど実際の金額や期間は?」

歯並びは通常、顎の成長と歯の大きさのバランスで決まります。

下記のようにベンチが顎の大きさ(歯が生えるスペース)人が歯だとすると、ベンチに人が座っていないとすきっ歯となり、

ベンチに人があふれている状態だとデコボコになってしまいます。

歯が乳歯から永久歯に生え変わる時に、顎の成長が遅れてしまうお子さんが今非常に増えています。

それは、固いものを食べない軟食化が進んでいることや、口呼吸やほお杖や、うつぶせ寝や姿勢が悪いといった悪い癖によって、顎の成長に悪影響が出ているからです。

このように、個々の歯の位置や歯列の形は、唇や頬部、舌やかみ合わせの筋肉などから受ける力のバランスによって決まってきます。

そのため、お子さんの顎の成長を確認し、歯の位置や大きさとのバランスが取れるように早期に悪い習癖は治しておくことが重要なのです。

習癖の原因

次にそのような習癖が起きる5つの原因に関してご説明いたします。

1.卒乳の時期が遅くなることで残る舌突出癖

2歳を過ぎても卒乳していない場合、乳児型嚥下(舌を前方に出した状態で飲み込む)が残ってしまうため舌突出が残ってしまうことがございます。

2.舌小帯強直症

舌小帯という場所が強直していると、舌は低位にならざるをえません。
舌小帯を伸ばす訓練や舌小帯を切除するといった対策が必要です。

3.鼻閉による口呼吸から生じる低位舌

口呼吸になると空気の通りを確保するために、低位舌といって舌の位置が本来の位置よりも低い状態になります。

4.歯間性構音

歯間性構音といってサ・タ行など舌先を使う音の期間音化(サがthになる)が見られる場合は、発音時に舌先が上下の歯の間に入る習慣があります。

5.指しゃぶり、おしゃぶりの期間が長くなることによる開咬

指しゃぶりの期間が長くなることで前歯がしっかりと咬み合わない開咬の状態になってしまうことがございます。
すると、舌が通常の位置ではなく、その上下の前歯の隙間があるため、前に出てくる場合がございます。

うちの子がそのような習癖があるか相談をしたい。

まずはこちらからお電話にて小児矯正のHPを見たとご連絡ください。

084-983-1844

悪い習癖を改善する方法

この悪い習癖を改善する方法として当院が取り入れているのが、MFT(Oral Myofunctional Therapy,)という口腔筋機能療法です。

MFT=口腔筋機能療法とはその言葉の通り、お口の筋肉の機能を正常な状態へと改善することで、先ほどお伝えした、悪い習癖を改善し顎と歯がバランスよく成長出来る環境を整える矯正方法です。

この療法は予防矯正と呼ばれています。

それは、乳歯から永久歯へと生え変わる時期に行うことで、歯列に悪影響が出る前に対処できる予防という観点が強い矯正だからです。

そのため、この矯正が出来る年齢は6歳~10歳頃までと限られております。

もし、少しでもお子さんの歯列に不安がある方は下記よりご相談のご予約をお取りくださいませ。

084-983-1844

筋機能療法の内容

MFT(口腔筋機能療法)を取り入れて、舌や唇の訓練をしていきます。

咀嚼(噛む)や嚥下(飲み込む)、発音、舌や口唇の位置、呼吸といったお口の機能を正常な状態にするために舌や口腔顔面筋を訓練していきます。

MFTでは2つのトレーニングを継続していきます。

1.ご自宅でのトレーニング

MFTはマウスピースを使い、ご自宅でのトレーニングを実施して頂きます。

鼻で深呼吸をする鼻呼吸トレーニングや、上の顎に舌を吸いつけた状態で舌を奥にずらすドラッグバッグといったトレーニングです。

2.1ヵ月に1回歯科医院でのトレーニング

MFTはマウスピースを使い、ご自宅でのトレーニングを実施して頂きます。

鼻で深呼吸をする鼻呼吸トレーニングや、上の顎に舌を吸いつけた状態で舌を奥にずらすドラッグバッグといったトレーニングです。

この予防矯正では、お子さんのやる気を継続させることが重要です。

そこで、毎月1回は歯科医院で担当のスタッフがお子さんのトレーニングのサポートを実施致します。

実際にトレーニングが出来ているかどうか、矯正の進み具合がどうかといった観点を踏まえて、お子さんと30分程度のアクティビティを実施致します。

お子さんはモチベーションの持続が難しいのでは、というお父さん、お母さんの不安の声を耳にします。

もちろん簡単ではありませんが、このMFTに取り組んで頂くことで、抜歯などを伴わない歯列矯正が出来る可能性がございます。

ブラケット治療との違い

ブラケット治療との違いは以下の5点です。

1.抜歯が必要ない
2.期間が短くすむことが多い
3.料金が比較的安価
4.マウスピースなので取り外し可能
5.装着した部分の歯磨きが出来ないということがないため、虫歯になりにくい

このような違いがございます。

この予防矯正はお子さんの顎と歯の成長期を活用した矯正ですので、スタート出来る期間が限られております。
お気軽にご相談ください。

ご料金に関して

スタート時 275,000円(消費税込み)

ご料金には、口腔内の診断料、検査料、マウスピース代金などが含まれます。
MFTをスタートして頂く段階でお支払い頂きます。

月1回のトレーニング 3,000円(税別)

月に1回トレーニングにお越し頂き、担当のスタッフがお子さんとトレーニングを実施致します。

全て、下記クレジットカードの取扱いが可能です。
スタート時のご料金に関しましては当院指定のデンタルローンのご利用もご検討頂けますので、お気軽にご相談くださいませ。
デンタルローンですと、一度の支出を抑えることも可能です。

MRCよくある質問

マウスピースのことをトレーナーと呼び固定式ではなく装着したり外したりすることが出来ますので、むし歯のリスクも軽減できます。
主には日中1時間と就寝時に装着します。
ブラケット矯正は歯にワイヤーを取り付けるため見た目が気になったり、何よりも歯磨きが難しくなりますので虫歯のリスクが高くなります。
痛みに関してもブラケット矯正よりもMRC矯正の方が痛みは少ないです。

適応年齢は6歳~13歳というデータもありますが、10歳以降になると永久歯も多く萌出してきていますので歯を動かしにくい状態にはなってきます。
ただ、無理というわけではないので是非相談して下さい。
逆に5歳や6歳でもお子さんのやる気や協力度が必要になってきますので、そのバランスが難しいこともあります。
10歳近くで9歳から始めたお子さんでも本人自身のやる気や治したいという気持ちが大きければ驚くほど良くなっていく症例も多く経験しています。
一つの目安として開始年齢は大事ですので、当院では適応年齢6歳~8歳がベストだと考えています。
年齢だけ見れば矯正治療が適応でも、一度お子さんの状況(お子様自身、乳歯や永久歯の状況、歯並びの状況)を確認させて頂ければ、適切な開始年齢をご提案させて頂きます。

矯正治療において治療に従事する歯科医師の考え方も様々だと思います。
歯科医師によって矯正治療の経験も違う。
マウスピース矯正であっても使用するメーカーや種類が違う。
A歯科医院ではこう言われた。
B歯科医院ではこう提案された。
患者さんにとっては何が正しいのかとご判断が難しいとは思います。
矯正治療では治療を開始する時期というのは極めて大事だと当院では考えています。
MRC矯正であれば特に適応年齢というのが限られてきます。
当院では低学年のうちに矯正治療を終わらせることを目標としています。
お子様のお口の状態を確認しながら矯正治療の開始時期をご提案させて頂きますのでお気軽にご相談下さい。

永久歯が全て萌出してから、あるいは成人になってからという考えもまた一つだと思います。このMRC矯正(マウスピース矯正)の目的は歯並びを治すことだけでなく、トレーナーを使用しトレーニングをすることで、顔貌の正しい成長や発育、多動性注意欠陥やアレルギー性鼻炎などの原因の一つとされている口呼吸を鼻呼吸に改善することへのアプローチも可能にしています。
どんなに複雑な症例でも早期に始めることで、将来的には矯正治療の難易度を下げることや、抜歯をしなくても治せる可能性にも繋がります。
MRC矯正(マウスピース矯正)は歯並びの改善だけでなく、正しい呼吸によって病気になりにくい健康な身体を作ることも可能です。
院長の私自身も「自分の子供に受けさせたい」そう思える治療です。

歯並びが自然に治ることを期待して何もしないことは非常にリスクがあります。
うちのこどもの前歯がガタガタしているなど気になった歯並びが自然に治ることはほぼないと思います。
なぜなら歯並びが悪くなってしまった原因があるからです。
その原因がある以上自然に治ることは基本的には難しいと考えています。
お子さんの歯並びが気になる、今できる事をしてあげたいと思われる方は是非ご相談下さい。

よくこんな言葉を耳にします、「私も歯並びがガタガタなのでこの子も同じように悪いんですかね?」お母さん達の中には歯並びが悪くなる原因は遺伝だと思っている方が少なくはありません。もちろん上あごと下あごでも違ってきますが、遺伝は約30%。
原因の多くは①口呼吸②舌の位置が正しくない③逆嚥下(誤った飲み込み方)このような習慣、習癖が歯並びを悪くしています。
受け口(反対咬合)の場合に限っては遺伝要因が強くなります。
当院が行っているMRC矯正 (マウスピース矯正)はこれらの習慣、習癖を改善しお口の周りの筋機能を鍛えることも特徴です。そして他のマウスピース矯正と比べ原因にアプローチしているので後戻りが少ないことも特徴の一つです。

当院では痛みがひどくてマウスピース(トレーナー)を装着できない、また治療を中断、あるいはやめてしまったお子さんはいません。
トレーナーを装着し始めた最初の頃は稀に痛みを訴えるお子さんもいますが、トレーナーを入れた最初のうちだけで、痛みが少しあっても数日間使用し続けることで痛みがなくなることがほとんどです。時に口内炎が出来たりして痛みを感じることはありますのでそのような時には無理のないように使用しましょう。

MRC矯正(マウスピース矯正)はトレーナーという装置を使用し、そして正しい筋肉の使い方をトレーニングすることで、顎を拡げることが可能になります。
MRC矯正では基本的には抜歯をしません。
ワイヤーを使用したブラケット矯正は患者さん個々のケースにもよりますが、抜歯をすることにより出来たスペースを利用して歯を並べるという違いがあります。

MRC矯正(マウスピース矯正)はトレーナーを使用しなければ治りません。
トレーナーの装着時間も大事です。そして当院が指導した内容をきちんとご自宅でも練習して頂いた場合は、およその目安として2年から2年半で矯正治療を終えることができる事を目標としております。
しかし、トレーナーの装着や当院が指導した内容がご自宅で頑張ることが出来ない場合は矯正治療の期間は長くなりますし、矯正治療の結果も思うような結果が得られないこともあります。

MRC矯正のゴールで大事なことは4つあります。
トレーニングをすることで
1)唇が閉じている状態
2)舌が常に正しい位置にある状態
3)鼻呼吸ができている状態
4)正しい飲み込みができる状態
これらの状態が整い、歯並びがきれいだとゴールとなります。
しかし10歳以降で歯列不正が残っている場合は、ご希望にもよりますが、二期治療といって永久歯列の完成を待ちワイヤーやマウスピースを使用して仕上げていくこともあります。

どんな症例でも当院が指示したトレーナーの装着時間や指導した内容をしっかり頑張って頂けなければ矯正治療の結果には限界が出てきます。
そして、矯正治療を始める年齢も大きく関係してきます。
場合によっては、他の矯正器具やブラケット矯正が必要になることがあります。

ワイヤー矯正や他のマウスピース矯正と違って、MRC矯正は歯並びが悪くなった原因にアプローチしていく治療方法です。
一概にどの症例が簡単とかお勧めとは言いにくいですが、保護者の方から多く相談を受け実際にMRC矯正を始めているケースは、上の前歯や下の前歯のガタガタしたケースや前歯が出ているケースなどは非常に多いです。

もちろん矯正治療において100%の結果を保証することはできません。
ですが、一つだけ言えることは、こどもさんも保護者の方も双方が協力的に頑張るということです。
MRC矯正(マウスピース矯正)で大事なのは開始年齢と、装着時間、教えられたトレーニングをコツコツ頑張ることができる子は結果が出やすいということは言えます。
当院では無理にお勧めしませんので、是非ご家庭で話し合い、もし始めてみようと思われたなら一緒に頑張っていきましょう。
MRC矯正(マウスピース矯正)は本当に素晴らしい治療です。

当院では月に1回アクティビティと言って当院のスタッフがお子様と一緒に正しい呼吸の仕方や正しい舌の位置、そして飲み込み方など、歯並びが悪くなったであろう原因を正すトレーニングをしていきます。
基本的には月に1回のペースで行っていきます。

例えば7歳からMRC矯正(マウスピース矯正)を始めた時に、多くの場合は10歳ぐらいで矯正治療は終わり、残っている永久歯の交換を見届けます。
小学生のうちの2年半で歯並びを治すことを目標としています。
しかし、歯並びの難易度が難しい症例やトレーナーの装着時間や当院が指導した内容がご自宅で頑張ることが出来ない場合は矯正治療の期間は長くなりますし、矯正治療の結果も思うように得られない場合もあります。
そのような場合は、永久歯が全て萌出した際に再度ワイヤーやマウスピースを使用した二期治療に入っていくことがあります。どういう治療選択が一番ベストなのかを診断し治療方法や料金についてご提案をさせて頂きます。

当院でのMRC矯正の費用は275,000円(消費税込み)となります。
月に1回のトレーニング費用として3,300円(消費税込み)となります。
治療費は現金払い、分割払い、クレジットカード払いにも対応していますのでお気軽にご相談下さい。

MRC矯正(マウスピース矯正)の装置をお渡しする日がお支払い日となります。
お見積書と合わせてご案内させて頂きます。
分割払いの場合は改めてお支払日を決めさせて頂きます。