診療時間 アクセス

084-983-1844

診療時間 / 9:00~14:00 15:30~18:00
休診日 /木曜・日曜・祝日

小児歯科Pediatric dentistry

はやし歯科クリニックでは「無理のない治療」をコンセプトにお子様一人ひとりのペースに合わせて治療を行なっています。
また可能な限り、お父様お母様には十分な説明をするように心がけています。将来的に健康で美しい口元になれるよう、予防にも力を入れています。
一緒にお子様の歯を守り、育てていきましょう。

はやし歯科クリニックのポイント

● 嫌がっているときに治療は行いません。
● 子どもの成長に伴い、無理のない治療を行います。
● コミュニケーションを重視し、初診から抜歯や削ったりはしません。
● 虫歯を作らないような治療を行います。
● 十分な治療説明を心がけています。
● 付き添いの保護者の方には出来る限り、お子様と一緒の治療のお部屋で説明や治療を見て頂きます。

はやし歯科クリニックでの治療の流れ

1.お話をうかがいます。
2.「普段の生活の中に虫歯の原因が隠れてるかも!」 子供と楽しみながらハミガキ練習、フッ素を塗ります。
3.器械を身近なもの(電車・掃除機etc…)に例え、見て・触って慣れてもらいます。
4.定期的なお口のクリーニング、フッ素塗布、虫歯のチェックも行ないます。成長に応じて歯並びのチェックも行ないます。

3才までのお子様の歯

乳歯は、なぜ大切なのでしょうか?

乳歯は生後6ヶ月ごろから生え始め、2歳くらいまでに、上下あわせて20本生えそろいます。乳歯を使う期間はすごく短いですが、その間に乳歯が果たす役割は重要です。「ものをかむ」という歯本来の役割はもちろん、「永久歯が正しく生えるための案内役」という、とても大切な役割をになっているのです。乳歯はすぐ抜けるからと、おろそかにはできません。乳歯を健康に保つことが、一生使う永久歯を丈夫にすることにつながるのです。

あかちゃん(6ヶ月~1才半頃)の虫歯予防

前歯が生え始めたら、歯を磨くことよりも、お口を開けたり歯ブラシの感触になれることを目標に、遊び感覚で磨き始めましょう。習慣づけのためにも、お子様本人にも乳児用の歯ブラシを持たせり、食後に歯みがきタイムを作ると良いでしょう。

1才半~2才児の虫歯予防

お口を清潔に 1日最低2回のお母さん磨きを心がけてください。特に虫歯は寝ている間に作られるので、夕食後(寝る前)は念入りに磨いてください。
離乳食 お母さんの口から、赤ちゃんの口にスプーンなどを介して、虫歯菌が移り、虫歯の原因になることがあります。
飲み物に注意 乳酸菌飲料、炭酸飲料、スポーツドリンク、100%ジュース、コーヒー牛乳などは極力避け、水分補給はお水、お茶にすることです。この時期の虫歯発生の原因の大部分は飲み物虫歯といってもいいでしょう。
フッ素塗布 フッ素にもいろいろな種類応用法がありますので、ご相談下さい。

6才までのお子様の歯

予防を行い、虫歯を作らない環境を作るのが、この時期です。
どの年齢でも、虫歯の予防の基本は歯磨きです。虫歯に感染していなくても1日2回、フッ素入りの歯磨き剤をつけてブラッシングしてください。
また虫歯の治療ができるようになるのもこの時期ですが、中にはすでに乳歯から永久歯に生え変わり始め、歯の並び方が複雑になっている場合もあり、実際に隅々まできちんと磨けているとは限りません。ですから、お子様の「自分でできる」意欲はほめた上で、「できないところはお母さんが」と必ず仕上げをしてあげてください。
それから、虫歯になりやすいリスクに応じて、予防処置をしてもらう事が大事になります。

12才までのお子様の歯

この年頃になると、ほとんど大人の歯のかみ合わせが、出来上がってきます。
この時期にお口の環境を整えていくことで、健康なかみ合わせの歯を作っていく、大事な時期となります。定期検診を中心に、かみ合わせの変化を診ていきます。
虫歯をつくらないために
● しっかりブラッシングできるようになりましょう。
● 三度の食事をしっかり食べて、おやつは1日1回にしましょう。
● 虫歯菌に負けない強い歯を作るため、歯科医院でのフッ素 塗布は必ず受けましょう。
虫歯になると、歯科医院で削って詰めてどんなに上手に治療できても、自分の天然の歯とは比べものになりません。まして、抜いてしまったら・・・。自分の歯で何でもよく噛んで楽しく食事ができ、大きな口をあけて心の底から笑い、美しい表情を保つ・・・そんな「当たり前の毎日」を子供たちに送らせてあげましょう。

お子様の歯をフッ素で強く

フッ素を上手に取り入れて虫歯を予防しましょう。

 

フッ素とは?

歯の質を強くする自然元素のひとつです。
毎日の食事を通して、私たちの体に摂取されている必須栄養素のひとつで、決して車のワックスのように表面をコーティングするものではありません。
フッ素は、歯の表面自体を強化するもので、虫歯予防に最も効果的です。
また、乳歯や生えたばかりの永久歯に非常に効果を発揮します。

どうして、生え立ての歯にフッ素を?

大人の歯と違って、非常に柔らかく、歯の質がすかすかな状態です。通常、3年で大人の歯の堅さにになるところ、フッ素のチカラを借りることで、より短い時間で、大人の歯の堅さにすることが出来ます。

はやし歯科クリニックのイベント

はやし歯科クリニックでは歯科医院のイメージを変えたい!!
「痛いから行きたくない」「怖い」「匂いが臭い」などの暗いイメージから「明るい楽しい」イメージに本気で変えたいと思っています。
予防中心で「歯をピカピカにクリーニングしにいくところ」「歯を強くするフッ素を塗りにいくところ」そんなイメージにしたいと思います。
お子様たちが歯医者に行くのが嫌がらない歯科医院の雰囲気作りに取り組んでいます。