診療時間 アクセス

084-983-1844

診療時間 / 9:00~14:00 15:30~18:00
休診日 /木曜・日曜・祝日

予防歯科Preventive Dentistry

平均残存歯数の比較

なぜ、日本人の残存歯数は、欧米に比べて少ないのでしょうか。
動物は、歯が無くなると、死んでしまうという話を聞いたことがありますか?
これは、人間にも当てはまることです。年を取っても、元気な方の共通点、それは歯が健康であるということです。
この歯の大切さを日本人のどれだけの方が、理解しているのでしょうか?
欧米では、歯の定期クリーニングを行うことは、 一般的で、歯の大切さを認識しています。
その結果、グラフのような違いが表れてくるのです。
定期的なクリーニングは歯周病の予防や進行の抑制に非常に効果が高いことが学会で告されています。 このグラフを見てください。

ブラッシングを自分なりにしっかりして治療もきちんと受けていても、80歳の時点で歯の数はやはりわずかに6~7本しか残っていません。 ところが、きちんと最新の予防プログラムを受けた人は80歳でも約16本残っているんです。 これは大変な差だと言えます。

この数は、アメリカや欧米などの歯科先進国では、大きさ差があります。この数を増やすことが私たち歯科医院の使命だと言えるのかもしれません。

歯の予防・歯のクリーニングについて

「きちんと毎日磨いているのになぜ毎年のように虫歯ができるんだろう?」と思ったことはありませんか?

これまで虫歯の原因というと、歯質、虫歯菌、砂糖などといった条件がそろうと発症するといった説明がされてきましたが、最近ではより詳しいメカニズムが分かってきました。

また、その予防法もかなり確立してきました。これからは、「ただ単に一生懸命磨く」だけでは、真の予防は難しいでしょう!

「最近、歯のクリーニングという言葉をよく見かけたり耳にしたことはありませんか?」 プロの技術で口の健康を保つ環境づくり「ピー・エム・ティー・シー」歯のクリーニングをご紹介します。