診療時間 アクセス

084-983-1844

診療時間 / 9:00~14:00 15:30~18:00
休診日 /木曜・日曜・祝日

治療に対するこだわりについて

当院の3つの大きな特徴の一つ“治療に対するこだわり”についてお話します。
まずはじめにお伝えしたいことは、歯科治療ほど治療する人の技術によって予後が大きく左右される
医療はない
と思います。

私自身の治療に対する考え方としては、歯も人と同じように生きているので、
その歯をできる限り良い状態で生涯残すということ。できる限り歯を抜かない、歯の神経を抜きたくないと思います。
当たり前のようで当たり前ではないのが現実だと思います。
人を簡単には殺せないですよね。私もできる限り簡単に歯を殺したくないと思います。
でも現実は多くの歯が簡単に歯を抜かれ、いい加減に治療をされているケースは決して少なくありません。
仮にむし歯や歯周病、根の病気になったとしても、その歯をできる限り良い状態で延命させることが大事だと考えます。
痛みがある場合、痛みをとることは歯科医師として大事なことです。
ですが痛みをとってくれた歯科医師がすべて技術が優れているわけではありません。痛みをとることはむしろ当たり前なのです。
それよりも治療の工程でいかに丁寧に治療ができるか。
いかに、隙間のない適合のよい詰め物や被せ物ができるのか。
いかに、治療選択の幅を持っているのか。
冒頭にもお伝えしたように、歯科医療ほど治療する人の技術によって予後が大きく左右される医療はないのです。
痛みが取れても装着してもらった被せ物自体がはじめから隙間のある不良な被せ物であれば、治していると言えるのでしょうか?
しかもそのこと自体患者さん自身はわかっていないことが多いのです。
気が付けばまた同じ歯が再度むし歯になりまた削り、被せ物をして、またむし歯になっての繰り返しなのです。
いつかは歯を抜く日がくるのです。
私は歯科治療においてはどんなむし歯治療も治すというより修理に近い感覚があります。
一度削ってしまった歯はやはり元の真新しい歯とは違います。
どんなに丁寧に治療し良い材料で修復したとしても、元の歯には劣ります。
私は何においても、とにかくむし歯にならないように予防を心がけ、歯科衛生士による定期的な検診やケアで予防に取り組むことが
一番大事だと考えます。
むし歯にさえならなければ削らなくて済むのですから。治療が必要になった歯に対しては、
歯科医師である前に一人の人として良心をもち、歯をできる限り延命させ、
再治療が不要な治療を心がけたいと強く思っています。
ですので、一本の歯へのこだわりをもつため、治療回数が増えることもあります。
そして多くの勉強会に参加しているため土曜日などもお休みを頂くこともあります。
すべては自分が受けたいと思う治療をしたい。
自分の両親や家族に受けさせたい治療をしたい。
患者さんに正しい情報を提供し偽りのない治療をしたい。
そう考えています。
福山にも多くの歯科医院があります。
痛いところだけ治してくれれば良いという方もいらっしゃると思いますが、当院は時間や回数がかかってもその患者さんの生涯のためになる歯科医療を提供する歯科医院でありたいと考えています。