診療時間

084-983-1844

診療時間 / 9:00~14:00 15:30~18:00
休診日 /木曜・日曜・祝日

歯の豆知識Knowledge

歯の豆知識

2021.05.31

「初期むし歯」って治療しないの?

こんにちは。

広島県福山市横尾町にあるはやし歯科クリニックです。

今回は歯科衛生士の八木橋が担当します!

 

今日は、歯医者さんに検診に行くと必ず耳にする、「初期むし歯」についてお話します。

 

むし歯の進行度には

「CO」 「C1」 「C2」 「C3」 「C4」 の5段階に分かれます。

「C」はむし歯を意味する「Caries(カリエス)」のことです。

「O〜4」はむし歯の進行度を表しています。

 

今回は「CO(シーオー)」についてお話していきます。

 

Oは数字のゼロではなく、英語の「Observation(オブザベーション)=観察

からきたオーです。

 

つまり、COとは要観察歯のことで、穴があく一歩手前の歯、初期むし歯ともいいます。

この状態では、歯にくすみがみられたり、白濁(はくだく)したりしています。痛みはありません。

 

むし歯とは、いろいろな要因が複雑に絡み合って起きる病気です。

むし歯の因子は3つ(1.歯、2.細菌、3.糖)、この3つの要因が全て重なり合なりあったときに起こると言われています。
最近ではこの3つの要因に時間の経過が加わり、むし歯を引き起こすことが知られています。

 

実は、健康な歯の表面にあるリン酸カルシウムも虫歯菌によって日々溶かされています。これを脱灰と呼んでいますが、食事の度に起こっているのです。しかし、それと同時に唾液の力で溶けた表面を修復しています。これが再石灰化です。

 

普段は、脱灰と再石灰化が同時に起こっているので、虫歯にはなりません。しかし、脱灰の進行が再石灰化より早くなると、徐々に歯が溶け出していきます。この、歯が溶け出し始めている状態がCOなのです。

 

 

 

【初期むし歯の治療法】

COの初期むし歯の場合、基本的には「削る治療」は行いません。

石灰化を促す処置が必要です。

再石灰化とは、酸で溶け出した歯を修復する現象のこと。だ液にはカルシウムなどが含まれており、溶けた歯の内部に入り込んで歯を元に戻す働きがあります。

 

そして、再石灰化を促す方法には主に以下の2つです。

 

⭐️フッ素塗布

⭐️セルフケア

 

ブラッシングやデンタルフロスを行うことで脱灰を防いだり、フッ素で再石灰化の作用をサポートすることができます。

 

⭐️フッ素塗布

フッ素は歯の再石灰化をサポートするはたらきがあります。

さらに、フッ素塗布すれば酸で溶け出しにくい結晶を歯の表面に作られるため、歯の表面が強化され、脱灰を進みにくくすることが可能です。

初期むし歯をそのままにしておくと、歯の表面に穴が空いてむし歯の進行が進んでしまいます。

歯科医院でフッ素塗布を受けたり、フッ素入りの歯磨き粉を使用することで、むし歯の進行を止めましょう。

 

⭐️セルフケア

歯磨きなどのセルフケアをしっかり行うことも、初期むし歯の進行を止める方法の一つです。

初期の虫歯は、「脱灰」によって歯の表面のエナメル質が溶け出し、徐々に進行していきます。脱灰の原因は歯垢(プラーク)なので、歯磨きで歯垢を取り除くことが大切です。

ただし、歯磨きの仕方が悪かったり、正しいセルフケアが行えていなかったりすると、歯垢をきちんと取り除くことはできません。

当院では、予防歯科で患者さま一人ひとりにブラッシング指導を行っております。

1〜3ヶ月に1度のメインテナンスで、ご自身に合った正しい歯ブラシの使い方、フロスの使い方を身につけ、初期むし歯の進行を食い止めましょう!