診療時間

084-983-1844

診療時間 / 9:00~14:00 15:30~18:00
休診日 /木曜・日曜・祝日

歯の豆知識Knowledge

歯の豆知識

2021.01.24

おすすめ!ダイレクトボンディング

福山市 はやし歯科クリニック 歯科衛生士の猪原です。

みなさん、むし歯の治療をした時に、歯に白い詰め物をされた経験はありますか?

従来の「レジン」という、いわゆるプラスチックの詰め物だけではなく、

現在では「ダイレクトボンディング」という新しい詰め物がおすすめですので、今日は紹介していこうと思います。

まずは、「レジン」と「ダイレクトボンディング」の違いから見ていきたいと思います。

材質の違いですが、レジンもダイレクトボンディングもフィラーとマトリックスなどの成分からできています。

フィラーとは、ガラス類などでできていて、強度を高めたり、重合収縮を少なくする、熱膨張率、給水膨張率を下げる役割があります。

マトリックスには、吸水性があります。

つまり、フィラーを多く含む方がより強度が増し、膨張、変色しにくい材料だと言えます。

「レジン」と「ダイレクトボンディング」では「ダイレクトボンディング」の方がより多くのフィラーを含んでいます。

2つの違いを表にしました。

 

 

従来のレジンの欠点である、熱膨張率や吸水率の高さは、長年使っていると歯と詰め物との間に隙間を生じさせてしまいます。

そして、その隙間にむし歯菌が入り込むことで、詰め物の下がむし歯になってしまいます。

治療を繰り返すことで、歯の神経を取らないといけなくなってしまうことになります。

また、前歯の治療では、より審美的な面からも変色の少ない「ダイレクトボンディング」がおすすめです。

・実際に当院で行ったダイレクトボンディングです。

 

 

よりむし歯になりにくく、より綺麗な「ダイレクトボンディング」がおすすめです。

興味のある方はお気軽に声をおかけくださいね。